So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ニコンの新型ミラーレスを予想します [写真]

2018年9月26日からドイツのケルンで開催されるphotokina(フォトキナ)で、ニコンの新型ミラーレスが発表されるようです。
写真も好きだけど、機材も大好きで、キヤノンからマウント替えしたニコンユーザーとして、新しいミラーレスカメラを大胆に
予想します。

ニコンには、全生産能力を注いで新型のフルサイズミラーレスシステム(仮称:Zマウント)を構築して欲しいと思います。

ml.png
(図の出典:Nikon Rumores)

先にミッドレンジのフルサイズミラーレスカメラとして、ソニーのα7IIIに付加価値付けたスペックを同価格帯で出すと予想します。

・FXサイズで2400万画素の積層型裏面照射センサー
・像面位相差AF+コントラストAFのハイブリッドAFに顔(人、犬、猫)認識機能
・グローバルシャッターで最高10コマ/秒の高速連写
・4K動画撮影可
・自撮り可能なバリアングル液晶モニター
・ベストモーメントキャプチャーモード搭載

カメラはαシリーズほど小型化せずに、Zマウントレンズの第一弾はF4ズームとF1.8単焦点で軽量化する。
ボディのみで税込み20万円。モーター無しのFマウント互換アダプター2万円付けて22万円なら、最近αに乗り換えた
プロカメラマンのYouTuberたちが、「やるな、ニコン」という動画をアップしてくれるでしょう。

D850がよっぽど売れたのか、ここにきてDLシリーズ復活か?(ハイエンドコンパクト機)というウワサも出ていますが、
ラインナップを広げず、Zマウントの新型ミラーレスのブラッシュアップに、全資源を投入した方が得策ではないかと
思います。

2018.05.29追記
センサーは、AF速度に最適化された新型で、画素数がD850の4600万画素より少ないというウワサが流れてきました。
46MPより少ないとなると36MPあたりで、α7Rに匹敵することになります。これでα7III相当の価格に抑えられるのでしょうか。
ライバルのキヤノンも24MP、28MP、36MPの3種類のセンサーをテストしているということですが、位相差センサー入りの
デュアルピクセルで36MPなんて可能なんでしょうか。


2018.06.16追記
センサーに関する新情報。D850のセンサーはTowerJazz製と言われてきましたが、中身をバラしてみると、ソニー製の型番が
出てきたという話です。かねてからソニーのセンサー部門は、難しい設計の外注があっても、無理と言わずに引き受けちゃう
研究者魂で仕事をしている旨の発言がありましたからね。
デュアルピクセルで36MPも夢ではない。


2018.07.02追記
ニコンがグローバルシャッターとデュアルピクセルAFに似た像面位相差AFを搭載したセンサーの特許を出願している
とのことです。このセンサーが次期新型フルサイズミラーレスに搭載されたら、画期的だと思います。がんばれニコン。
がんばれ、ソニーのセンサー部門の技術者たち!


2018.07.05追記
驚くようなウワサが次々流れてきて、「ま~じ~ィ?」という感じです。
α7III対抗の24-25MP機のほかに、α7RIII対抗の45-48MP機の2機種が7月発表、8月発売なんてありえる?
しかも、レフ機ではセンサーは動かさない方がきれいと豪語していたのに、5軸ボディ内手ブレ補正って
うれしい悲鳴を上げてしまいます。
D850ともガチンコぶつかっちゃう45MPがほんとに出ちゃったら、ミラーレスにかけるニコン半端ないですよ。

タグ:写真
nice!(38)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

中原一雄「写真のことが全部わかる本」を読みました [写真]

よく閲覧している「写真・カメラ情報サイトstudio9(すたじお・きゅう)」の中原一雄氏が書いた
上達やくそくBOOK「写真のことが全部わかる本」(インプレス)を読んでみました。

Lr-1000622.jpg

センスゼロで知識ゼロからでも楽しく写真撮影がはじめられて、読み進めるにつれて、写真がうまく
なっちゃうんじゃないかと思わせるテクニックが学べるようになっています。

説明の横に、豊富な作例写真が載っているので、目で見て、実感として分かる内容になっています。

写真のことが全部わかる本 センス&知識ゼロからの写真のはじめかた、教えます。 (上達やくそくBOOK)

写真のことが全部わかる本 センス&知識ゼロからの写真のはじめかた、教えます。 (上達やくそくBOOK)

  • 作者: 中原一雄
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:写真
nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

CP+2018はミラーレスが主役だった [写真]

ちょっと多忙で写真を撮りに行けないので、雑感を綴ります。

今年のCP+は、ネットで読んだり、YouTubeで見たりしただけなのですが、主役は、すっかりミラーレス
になりましたね。

キヤノンのEOS Kiss シリーズが遂にミラーレスになりました。

kissm-wh.jpg
出典:キヤノン

ファミリー層が記念写真や子どもの成長記録を撮るならミラーレスという時代の始まりです。
ニコンも入門機D3000シリーズの後継機は、レフ機ではなくミラーレスにしないと出遅れちゃいますね。
デュアルピクセルCMOSセンサーが調達できれば、すぐにでも作れると思います。

ソニーのフルサイズミラーレスも3世代目になり、熟成期に入ったという感じです。

sony73.jpg
出典:SONY

気になるポイントを次々に改善してきていますね。温度との戦いは、実機が広く使われるようになってから
結果を見ていく必要はありそうですが。

ニコンがいきなりαシリーズに対抗できるようなフルサイズミラーレスを出せるかというと、ちょっと
疑問です。デュアルファインダーでレフ機の中にミラーレスが入っているようなカメラで勝負したら
おもしろいと思うのですが。

タグ:写真
nice!(42)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感