So-net無料ブログ作成

チーターを撮るときのシャッタースピードは? [D500]

ゴールデンウィーク明けなら人出も少ないだろうと予想して、多摩動物公園へチーターの写真を撮りに行ってきました。
今回のテーマは、「チーターをブラさずに写し止めるシャッタースピードを見つける」です。

前回と同じ1/500秒で流し撮りに挑戦です。このカット↓は、顔までピントがきましたが、ほとんど胴体にはピントがくるが、
顔はブレている状態でした。

Lr-1936.jpg
Nikon D500+SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary(247mm相当) マニュアル 1/500秒 F5.6 ISO320

そこで、今度は1/1000秒で撮ってみました。

Lr-2031.jpg
Nikon D500+SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary(330mm相当) マニュアル 1/1000秒 F6 ISO400

ブレずに撮れる確率が上がり、約50%といったところでしょうか。安心して撮るために、もう一段
1/2000秒にしてみました。

Lr-2056.jpg
Nikon D500+SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary(225mm相当) マニュアル 1/2000秒 F5.6 ISO1250

常にピタリと止めて撮ることができるようになりました。

ところがこの3枚を見比べてみると、1/500秒の方が背景が流れて、動きが感じられます。ピタッと止まった1/2000秒は
まさに空中に静止しているような感じがしてしまいます。

チーターをかっこよく撮るには、まだまだ修業が必要って結論でしょうか。
nice!(37)  コメント(10) 

今回のテーマ「古いものを撮ってみる」 [D500]

今回の散歩のテーマは、85mm(正確には87mm相当)の単焦点レンズで古いものと新しいものを撮ってみよう
だったのですが、古いものに対比できる新しいものが見つからず、レトロ探しも、苦戦しました。

パナソニックのお店の店頭に置いてあったのは、どう見ても「ビクターの犬」ですよね。

Lr-1819.jpg
Nikon D500+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G(87mm相当)マニュアル+ISOオート 1/250秒 F8 ISO800

85mmの画角って撮ったことないので、いつもの感じで構えたら、犬が大きすぎて、少し下がったのですが、
通行人のじゃまになりそうだったので、中途半端にシャッター切ってしまいました。
自分にとって自然な画角って、50~58mmなんだなってことが、よくわかりました。

かなり前に撮ったことのある給水栓。

Lr-1805.jpg
Nikon D500+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G(87mm相当)マニュアル+ISOオート 1/250秒 F2 ISO100

鳥のフンが付いて白くなっていて、この方向からしか撮れず、バックの家と新旧対比したつもり。
タグ:D500 58mmF1.4G
nice!(36)  コメント(10) 

東府中の桜 [D500]

トヨタのディーラーで点検とタイヤ交換(スタッドレスからノーマルへの履き替え)をする待ち時間に
周辺を散策してきました。
今回はD500に58mmを付けて、単焦点では撮ったことのない85mm(正確には87mm)の画角を体験
してきました。

甲州街道沿いにある小さな神社に咲いていた桜。

Lr-1800.jpg
Nikon D500+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G(87mm相当)マニュアル+ISOオート 1/250秒 F8 ISO110

この時期で見頃を過ぎていたのは珍しいですよね。品種は分かりませんでした。

都立府中の森公園の「オオカンザクラ(大寒桜)」は、まさに見頃でした。

Lr-1803.jpg
Nikon D500+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G(87mm相当)マニュアル+ISOオート 1/250秒 F8 ISO100

慣れていない「マニュアルでISOオート」という設定で失敗しました。ここは素直に絞り優先オートで
もっと絞りを開ければ良かった。

花粉で鼻がむずむずしましたが、久しぶりの撮影は楽しかったです。
タグ:D500 58mmF1.4G
nice!(36)  コメント(10) 
メッセージを送る