So-net無料ブログ作成

D500 vs D800E 高感度対決 [D500]

D500の高感度画像は、RAWで撮って現像するよりもカメラ内で生成されるJPG撮って出しの方がきれいである
という情報をネットで見て、実際に調べてみることにしました。
また、センサーサイズが大きい方が高感度は有利なはずですが、EXPEED 5(D500)vs EXPEED 3(D800E)
では、総合的にどちらが高感度に強いのか比べてみました。

100.jpg

レンズは58mm F1.4 を使用し、マニュアル露出でSSを1/100秒、絞りをF4で固定し、ファインダー内いっぱいに
テストチャートが入るようにカメラをセッティングしました。ISO-AUTOでLED照明の明るさを変化させながら
ISOが100、800、6400となった時にシャッターを切り、ほぼ同じ構図になるように切り出しました。

ISO 100では、色合いが異なりますがザラつき感は4枚とも問題なしです。

次はISO 800です。

800.jpg

D500のRAW現像が、首の部分にザラつき感が出ているようです。この程度の感度では、フルサイズの方が有利ですね。

RAW現像はLightroomでレンズプロファイルを使用して補正し、画像の「自動補正」をしてから露光量だけ0に戻しています。

次はISO 6400です。

6400.jpg

一番きれいなのがD500のJPG撮って出しです。ここまで来ると最新の画像処理エンジンが有利で、ウワサ通り
カメラ任せのJPG撮って出しの方が結果がいいようです。

タグ:D500 D800E
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る