So-net無料ブログ作成
検索選択

ニコンD810後継機は、ついに今夏発表か? [写真]

ニコン創立100周年を記念する年でありながら、年初は新製品に関する情報がありませんでした。
が、ここに来てD810後継機に関するウワサがいくつか出てきました。

product_01.jpg
現行ニコンD810(NikonのHPより)

その1 D810後継機は、革新的なD850としてではなく、高画素機の正常進化版D820となる。

その2 AFはD5と同じ99点のクロスセンサーを含む153点AFシステムが搭載される。

その3 センサーは45~46MPで、低感度も高感度も性能アップしたものになる。

その他 チルト式の液晶モニタ、SDとXQDのダブルスロット、新スナップブリッジ。

個人的には70~80MPセンサーを積んで、フルサイズで世界最高精細機となって
単焦点F1.4シリーズを使ったぞくぞくするような画像を見せて欲しいところです。

starwars2015の大胆予測(希望)=大型センサーミラーレスでここまで後れをとったのなら
SONYとOEM提携して、Fマウントのミラーレス本体を発売する。見返りとして、ニコンレンズを
Eマウント化して(特にプロ用の超望遠単焦点レンズを)供給すれば、共存共栄で、今後も優れた
センサーをSONYから供給してもらえるんじゃないかな。

【2017.07.08追記】
D810後継機のD820は7月25日発表、9月発売とのウワサ。
創立100周年記念日発表で45~46MPなら、5D MarkIVをぶっちぎる内容で出て欲しいです。
また、ミラーレス機はスマホ世代をターゲットにしたニコンらしい高性能ミラーレスを出す(社長談)そうです。
そうだとすると大型センサーの本格ミラーレスはまだのようですね。


【2017.07.24追記】
明日7月25日?発表予定のD810後継機の名前が予想外のD850になるそうです。
単に「5」という数字をそろえてきたのではなく、創立100周年にふさわしいビッグチェンジになる予感です。
高画素高感度のセンサーで驚かすのか、ベイビーD5的な連写もいけるオールマイティーレフ機になるのか。
興味津々です。

タグ:写真
nice!(37)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る