So-net無料ブログ作成
検索選択

又吉直樹「火花」を読みました [文庫本]

第153回芥川賞を受賞したピースの又吉直樹さんのデビュー作「火花」(文春文庫)を読みました。

独特のやや硬い文体、例えば、「最善であると信じて疑わない純真さを、僕は憧憬と嫉妬と僅かな侮蔑が
入り交じった感情で恐れながら愛するのである。」という表現を使いながらも、いつしか登場人物が
生き生きと動き出して人生を見せてくれます。

Lr-1000186.jpg

漫才師の生き様を見せることで、人生とは何かまで描ききっているところに、凄さを感じました。

NHK総合テレビで林遣都さん主演でドラマ化もされています。

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: 文庫



タグ:文庫本
nice!(45)  コメント(10) 
メッセージを送る