So-net無料ブログ作成
検索選択

超簡単、ピントチェックツールを自作しました [GX7MK2]

新しいカメラやレンズを購入して、ピントずれがないかチェックするときに、自宅の窓から見える電信柱を
撮影したり、ピントチェックシートを使ったりすると思いますが、『Spyder Lens Cal(スパイダーレンズキャル)』
のような本格的なツールだと1万円近くしてしまいます。

そこで、studio9さんのHP(http://photo-studio9.com/af_check/)からテストチャートをダウンロードして
工作してみました。

Lr-1000178.jpg

床に新聞紙広げてテスト撮影するよりはマシかなと思います。

ニコンからD810後継機かD750後継機が出て購入したら、すぐにチェックできる体制は整いました。

Datacolor Spyder LensCal

Datacolor Spyder LensCal

  • 出版社/メーカー: Spyder
  • メディア: エレクトロニクス



【2017.03.12追記】
D810後継機は2017年中に登場するが、D750後継機の発表は2018年にずれ込むといううわさが
出ています。
ニコンの大規模な事業再編の行方は、まだまだ不透明な感じです。

タグ:GX7MK2
nice!(35)  コメント(10) 
メッセージを送る